精神論について

風俗業界で働くことの魅力というのは、やはり何といっても高収入の面になってきます。
普通に働いても高収入は見込めますが、それよりさらに大金を手にしたいのであれば売れっ子の風俗嬢にならなければ道はないといえます。
売れっ子になる条件には、顔やルックス、テクニックということが大事に思う人もいるでしょう。
確かに、上記のようなこともないに越したことはありません。

でも、それだけではどうしても売れっ子と呼ばれる風俗嬢にはなれないのです。
見た目やテクニックだけではなく、目に見えない精神的なものが一番大きく左右してくるのです。
売れいてる風俗嬢の仕事精神は何も難しいことではなく、とても当たり前のことばかりなのですが、だからこそおろそかにしがちなものなのです。
そもそも精神論とは、気持ちや考え方によって物理的に不利な状況などを打破するために必要な心の在り方をいいます。
たとえば、「頑張ろう」、「今日も一日元気に行こう」、「気合を入れて行こう」、といったことを言われて実際に気持ちが高ぶったり、前向きになったりする人も多いと思われます。

一言でいうと、これが精神論になります。
精神論を信じている人は、こういうことに効果があると考えているのです。
精神論を信じていない人はこんなの意味がないと考えていますが、これは人によって意見が分かれる部分であり、本人が物事を前向きに考えることはいわゆる自己暗示の効果もありますので、信じている人にはより効果があるのが精神論なのです。
まず、風俗というのは究極の接客業だといわれています。

正直、これだけを聞いて全く意味がわからない人もいることでしょう。
究極という言葉自体は、「最後にたどり着くところ」や「物事を極める」という意味がありますから、接客業というものが何なのか分かれば少しは意味が理解できるはずです。
シンプルに言えば、「客に接し、客をもてなす」、これが接客業なのです。
「もてなす」とは「おもてなし」とイメージする女性も多いかもしれませんが、「お客様を丁寧に歓迎する」と捉えて頂いたほうが風俗のお仕事ではいいかもしれません。

では、風俗嬢に精神論は必要なのかと疑問に思う人もいるかもしれませんが、一言で言いますと風俗嬢に精神論は必要なのです。
上記で述べましたように、物事を前向きに考えることで自己暗示により仕事に良い影響が出るようになるということです。
「お客様を丁寧にもてなす」、という仕事意識や精神があれば接客の姿勢が変わりますし、それがお客様には必ず伝わってくるのです。
これを感じさせてくれる風俗嬢が売れっ子になるわけで、こういったことを感じれない風俗嬢にリピーターはつきにくいといえるかもしれません。



*SPECIAL LINK*
業界の中でもバック率の高い大阪の風俗求人サイトです ―> 大阪 風俗 求人サイト